所長のブログです。

ブログ一覧

阿智川釣行(2016/05/14)

今年初めての阿智川釣行です。

この川は名古屋から比較的近く、
高速道路を下りたところから釣り場となる
非常にアクセスのよい川です。

以前はコンスタントにアマゴや岩魚が釣れた
ありがたい川だったのですが、
数年前から河川工事が始まり
数は出なくなってしまいました。


大昔に大きな岩魚が釣れたポイントへ入ります。
昨日はよい天気であったはずなのに、
いつもより水量が多いです。

ポイントにフライを投げながら遡行しますが
反応がありません。
最後に堰堤の下にフライを落とすと
すばやく魚影が現れて戻ってゆきました。
悔しいので何度も同じところへキャストしますが
2度目はありません。アマゴだと思います。


先のアマゴをあきらめて、次のポイントへ

際をトレースすると泡の中へ消えたフライが
なんとなく引っ張られる感じ・・・・
向こうあわせで岩魚が走ります。

下流へ走る魚を何とかいなしてネットに入った
のは、23センチの岩魚でした。


その後ポイントを何度も変えて上流を目指しますが
忘れた頃に反応があります。
魚はどれも20センチクラスで25センチを超える
大物もかかりました。(多くはばれましたが・・・)

久しぶりに訪れたこの川は数こそ出ませんが
型はそこそこで、美しい魚が遊んでくれます。
少しずつですが回復の兆しを
感じることが出来た一日でした。

( アマゴ3尾 岩魚2尾 )

2016年05月17日

石徹白川釣行(2016/04/27)

今年初めてT師匠との釣行です。
目的地は石徹白川。
この川で過去にいい思いをしたことがあり、
あの時のことが忘れられず何度も足を運んで
しまいます。

現地に向かう途中なんと通行止めの表示・・・・
思い描いていた上流部にはいけません。

 

 

しかたがないので、行き止まりの下から川に降ります。
ひょっとして同じような目にあった多くの釣り人が
ここから川に降りていったとすると・・・・

予想通りポイントはたくさんあるのですが反応が
全くありません。
やっとの思いで、流れから引き出した岩魚。
せっかくの平日釣行だったのに残念な1日でした。

(岩魚 2尾)

2016年05月02日

塩川釣行(2016/04/09)

4月9日長野県大鹿村の塩川に行ってきました。
当日は天気もよく気温も18度まで上がる予報です。

この場所は毎年訪れる場所で数年前まではよく釣れた川でしたが最近は魚影が薄くなった気がします。

毎年期待して訪れるのですが、なんと現地に到着すると例年良い感じの場所は道路工事で無残な有様です。

しかたなく工事場所を避けて、いつもより上流部から川へ下りますが、小さな岩魚が数匹出てきただけでキープサイズを見ないまま脱渓です。

一旦移動して、
先ほどの場所より少し下った場所から川に下ります。

増水気味の流れからやっとの思いで釣り上げた
24cmほどの岩魚。
右の石の下から引きずり出した貴重な一尾。

少しやる気が復活です。

増水気味、雪シロでなかなか遡行しずらいです。

目の前によさげなポイントが・・・
オーバーハングした岩の下をフライが流れたとき
魚がフライにゆっくりとついてくるのが
見えました。

一呼吸おいて再度同じ場所をトレースします。

フライをガッチリと咥えたのは26cm
本日最長寸となった岩魚です。

ネットからはみ出してます。

工事で半ばあきらめかけた本日の釣行でしたが
終わってみれば、短い工程で楽しい釣りが出来ました。

(岩魚 7尾)

2016年04月11日

川上川釣行(2016/04/02)

4月2日(土)岐阜県高山市の川上川に行ってきました。
遅い出発で現地に着いたのが11時30分。

今日の気温は20度近くまであがる予定ですが、
太陽も雲の間から時折顔を出す程度です。

どんな状況でも私はドライフライを使った釣りが好きですが
周囲にまったく虫は飛んでいません・・・。

 

 

しばらく釣りあがります。何気に流した瀬の中から
フライ目がけて魚影が走ります。

何度もしつこく流すとフライをくわえたのは放流ヤマメでした。
同じ場所からもう一尾ヤマメを追加。
もう少しすれば、天然の魚たちがフライを追ってくれるでしょう。
ドライフライで魚がつれたことがとてもうれしい一日でした。

〈岩魚2尾、ヤマメ4尾〉

橋の少し下流で魚影を発見、俄然やる気が出ます。

あちこち動き回る魚をめがけて何度目かのキャストの末
やっとフライをくわえてくれました。
ネットに入ったのは成魚放流の岩魚です。
3月に放流があったのでしょう。ヒレがまだ回復していません。

ともあれ、ドライフライにでてくれました。

2016年04月04日